睡眠時間@ガイド | 短縮・平均・理想編


睡眠に関する情報をご紹介

正しい睡眠時間の短縮法

睡眠時間には、当然、個人差があります。医学的には、毎夜の睡眠時間が6時間未満の者を「短眠者」、逆に、9時間以上寝る者を「長眠者」と呼んでいます。
そうした個人差が現れる理由は、主に遺伝的な素因にもとづく傾向にあるものと思われますが、必ずしも固定されたものではなく、同じ人間でも変動することがあります。
そう考えれば、この「短眠」と「長眠」との決定的な差は、「睡眠の質の違い」にあるものと推測されます。つまり、「短眠者」は、睡眠効率がよく、しかも深いノンレム睡眠の割合が多いわけです。

一方、「長眠者」は、浅いノンレム睡眠、レム睡眠、中途覚醒の割合が多く、ダラダラと長時間寝る習慣がついているだけだと思われます。 それゆえ、もし、この「短民者」と同じ睡眠法を身につけることが出来れば。より効率的に凝縮された睡眠を実行できるのでは?という仮説が成り立ちます。
そこで、正しい睡眠時間の短縮法を学ぶこと機会をみつけ、自分のこれまでの睡眠時間や効率性を見直せば、健康や美容を害することなく、人生の中でもっと自由な時間を活用することが出来るのです。
なにしろ、一日24時間と限られた中で、自分が睡眠に必要と判断される時間から、たとえ、数分であっても、不必要な睡眠時間を削ることが出来れば、その短縮効果は、「塵も積もれば、山となる!」という理屈により、膨大な可処分時間となるわけです。

睡眠時間の短縮法については、現在では、さまざまなスキームがあり、ネット上でも賑わしていますが、健康や美容に直接関係することですので、その選択には細心の注意を払う必要があります。
もし、そうした選択の末に、本物の睡眠短縮法と巡り合うことが出来れば、あなたの人生の時間の使い方に、今よりももっと選択の幅が広がることでしょう。

あなたは、自由になる時間が増えたら、何に使いますか?


▲このページの上部へ