睡眠時間@ガイド | 短縮・平均・理想編


睡眠に関する情報をご紹介

リンパと睡眠の関係

あなたはリンパという言葉を聞いたことがあると思います。リンパとは、血管と同じように全身を網の目のように張り巡らされている「リンパ管」、および、その中を流れる「リンパ液」、さらには、鎖骨やわきの下など全身で600箇所に存在する中継地の「リンパ節」などを指す総称のことです。

このリンパの働きには、「免疫機能」と「排泄機能」の2つがあります。このうち、「免疫機能」とは、細菌などが体内に侵入した際にリンパ節が関所となって、フィルターの役目を果たすことで、全身に菌が回るのを防ぐ働きをします。
風邪をひいた時に、あごの裏のリンパ節が腫れるのも、免疫システムが働いて、過去に一度罹った細菌やウイルスの抗体を産出して生体防御の戦いをしているからなのです。
もう一つの「排泄機能」は、体内に蓄積された老廃物や毒素をリンパ液にのせて排泄する機能で、静脈のバイパスとしてリンパ管が老廃物の排泄を行います。

ただし、血管と異なり、ポンプの役目を果たす心臓には繋がっていませんので、リンパの流れをスムーズにするには、周囲の筋肉を動かすことにより押し出される仕組みとなっています。 それゆえ、運動不足に陥ると、このリンパや血液の流れが滞りがちになり、手足がむくんでしまう結果となるわけです。
そうしたむくんだ状態では、新陳代謝の機能も低下しますので、快適な睡眠を確保することができなくなり、慢性的な睡眠不足から、さまざまな障害が引き起こされてしまう懸念があるのです。
このリンパの流れをスムーズにするためには、「リンパマッサージ」を行うわけですが、リンパ液や血液の流れをスムーズにさせるには、入浴中や入浴後に行なうのが理想的とされています。


▲このページの上部へ