睡眠時間@ガイド | 短縮・平均・理想編


睡眠に関する情報をご紹介

健康・美容のための睡眠

健康や美容のためには、欠かせない物質が人間の体内にはあります。それが、「成長ホルモン」です。
「成長ホルモン」は、生体を積極的に構築したり、修復したりするために重要なホルモンですが、この「成長ホルモン」を放出させる脳ホルモンは、特定の「睡眠物質」と同時に分泌され、ともに睡眠を促進する働きをしています。
「睡眠物質」とは、脳内あるいは体液内に分泌されて、睡眠をひきおこしたり、維持させる物質の総称で、この「睡眠物質」は、脳脊髄液を介して脳全域に伝えられ、睡眠と覚醒をコントロールしています。
それゆえ、「成長ホルモン」が、最も多く分泌される時間帯は、一緒に分布される「睡眠物質」の作用により、熟睡期となっています。

このことから、人間の体は、熟睡状態を利用して、自己の保守点検(メンテナンス)や、成長を定期的に実行することになっていることが分かります。
この「成長ホルモン」は、その名の通り、子どもの成長に必要なホルモンですから、「寝る子は育つ」という言葉の通り、子供が熟睡している間に分泌されて、体の成長を促す働きをしています。
よく、思春期の子供が、夜中に寝ている間に身長が伸びる際に、骨が軋んで痛いという声を聞きますが、まさに「成長ホルモン」が作用している瞬間なのでしょう。
ただ、この「成長ホルモン」は、成長の止まった成人や老人にも分泌されており、必ずしも成長促進だけに関与しているわけではありません。「成長ホルモン」には、蛋白質や核酸の合成を促進する作用があり、体の修復と疲労回復に重要な役割を果たしているのです。
それゆえ、健康や美容に密接に関係するホルモンですので、その分泌を盛んにするためには、熟睡期間が必要となるわけです。


▲このページの上部へ