睡眠時間@ガイド | 短縮・平均・理想編


睡眠に関する情報をご紹介

いびきと睡眠

いびき(鼾)とは、睡眠時に狭くなった上気道が呼吸時に擦れて出す音のことで、その音を立てる状態を「いびきをかく」と言います。
いびきをかくメカニズムは、一時的な疲れやアルコールの影響、あるいは、様々な病気や器官の異常・障害などにより、軟口蓋や舌根が上気道を塞いで、上気道が狭くなった状態で呼吸をすると、出入りする空気が塞いだ物を振動させて音が出ることの起因します。
いびきは深い眠り(レム睡眠)で起こると考えられていますが、実際には浅い眠り(ノンレム睡眠)でも起こります。
睡眠時にいびきをかいている場合は、本人は気付かない事が多いのですが、一緒に寝ている人に対しての迷惑となり、時には、夫婦間での離婚原因にもなりかねません。
また、本人の睡眠レベルやいびきの音の大きさなどにより、本人自身が驚いて目が覚めてしまう事もあります。 いびきは呼吸のリズムと同期して起こりますが、それが途切れる事が一定レベル以上で起きるようになると、「睡眠時無呼吸症候群」となるリスクが高まります。

「睡眠時無呼吸症候群」は、気道が狭くなることにより、いびきは止まる「閉塞型無呼吸」となった後で、その無呼吸状態が10秒間以上、1時間あたり5回以上出現することにより、息が出来なくなって夜中に目が覚めたり、昼間に居眠りなどを多くするようになることにより、診断されます。
「睡眠時無呼吸症候群」による昼間の居眠りは、自動車運転中などに起きることで、重大な事故の原因となることもあり、本人の健康のみならず、社会問題として、広く認知されつつあります。
上気道が狭くなる事がいびきの原因ですが、必ずしも病気とは限らず、その原因もさまざまで、よく言われるのは、飲酒やひどい疲れにより、舌の筋力が弱まることによりおきるケースです。

そのほかにも最近では、肥満が原因で、上気道が狭くなるケースや、のどちんこや舌、軟口蓋(口の奥の粘膜性のヒダ部分)が大きい場合や、 あるいは、扁桃腺が炎症をおこして腫れている場合、さらには、花粉症を含むアレルギー性鼻炎や鼻ポリープ、蓄膿症など鼻詰まりを起こす病気による場合などがあります。


▲このページの上部へ