睡眠時間@ガイド | 短縮・平均・理想編


睡眠に関する情報をご紹介

生物と睡眠

睡眠は、脳が脳と体のためにおこなう休息と活動のリズム機能のようなものですので、当然、生物の進化と共に、脳の発達が行われると、睡眠の仕方も進化しました。
まず、いわゆる無脊椎動物(獣、鳥、両生爬虫類、魚を除いた動物)の行動睡眠は、睡眠とは呼べないほど概日リズム(約24時間周期で変動する生理現象)の性質の強いものとなっています。

たとえば、昆虫の場合、睡眠に相当する状態(不活動状態)は、高等な脊椎動物(大きく発達した脳をもつ温血動物)の睡眠とは、かなり質的に異なっていますが、構造的にも機能的にも脊椎動物とは異なる中枢神経系をそなえた無脊椎動物の「睡眠現象」については、まだ、よくわかっていないのが実情です。
一方、脊椎動物の睡眠研究は、ほとんどが実験用に飼育されている哺乳動物を対象としておこなわれてきましたので、無脊椎動物に比べると、比較的解明が進められております。
そうした研究によれば、脊椎動物うち、魚類や両生類などの外温性脊椎動物には「原始睡眠」、これより一歩進化した爬虫類の「中間睡眠」、鳥類と哺乳類などの内温性脊椎動物には「真睡眠」と呼ばれる、大脳を休ませる管理技術としての「睡眠」が、生物的な進化と共に行われるようになりました。

この進化の過程においては、外温性(変温性)から、内温性(恒温性)への移行が行われたわけですが、この変化により、生物は太陽が上り、気温が上昇する昼間のみに行動が可能な制約(概日リズムの拘束)から離れることが出来ました。
つまり、時刻に依存しないで活動出来るようになったわけですが、その分、自分の中で時計を持ち(生物時計)、行動限界の時間を越えた場合は、生命活動を維持するために、強制的に脳を休ませる機能(脳のホメオスタシス)を確立する必要から、「睡眠」という活動が 生まれたものと考えられております。

[PR]葬儀業界で求人をみつけるならこのサイトのランキングをチェック

▲このページの上部へ