睡眠時間@ガイド | 短縮・平均・理想編


睡眠に関する情報をご紹介

睡眠とは何か?

睡眠とは、生き物であれば、誰もが毎日体験し、よく知っている生理現象ですが、実は、医学界では明確な定義が出来ていないそうです。 そもそも、睡眠は、人間や動物の内部的な必要から発生する生理現象で、意識水準の一時的な低下現象を意味しています。
つまり、目が覚めている状況(覚醒状態)とは異なり、脳を一時的に休めるための管理技術と見なされているわけです。 睡眠は、生物が成長し、生命を保つために必要不可欠な作業であり、睡眠を統御するのもまた脳の仕事として行われていますが、中枢としての脳が休息すれば、その支配下にある末梢の組織や器官はその影響を受けます。
では、なぜ、睡眠の時間が生物にとって必要となったのか?という理由については、昼夜のリズムが規則的に交代する日周変化に同調した結果だとみなされています。

つまり、「活動と休息のリズム」を繰り返すことにより、すべての生物は体内に「生物時計」を構築しており、そのサイクルに従いことにより、健康的な生命維持活動が行われているのです。 従いまして、睡眠は、生物が生存するために必要不可欠な作業であり、体内が要求する所定の時間を確保できなければ、正常な成長や健康の維持が保てなくなりますので、極めて大切な時間ということになります。
私たちの生活においても、十分な睡眠時間が確保できない場合は、心身に不調を来たすことは経験的によく知っていますので、その大切さについては、改めてご説明するまでもないでしょう。

なお、催眠や薬物による意識の低下現象、麻酔や昏睡、さらには、冬眠、夏眠、休眠といった特殊な不活動状態などは、覚醒が著しく困難であることから、正常な眠りとは別のものであるということになっています。

[PR]老人ホームの栄養士になろう

▲このページの上部へ